諸外国との友好親善 Interchange

2011年日中高校生交流事業(日本から中国へ)

10月には日本高校生39名を北京へ派遣しました。

  • China
実施期間及び参加者
実施日 2011年10月9日(日)〜10月16日(日)
実施場所 北京
参加者
  • 日本高校生39名

    • 筑波大学附属高等学校19名
    • 学芸大学附属高等学校20名
  • 中国高校生40名

    • 北京師範大学第二附属中学
    • 北京月壇中学
    • 北京市私立匯佳中学
    • 北京六一中学
    • 北京理工大学付属中学
スケジュール
10月9日(日) 羽田発→北京着
10月10日(月) 天安門、故宮見学、北京市人民政府歓迎会、学校訪問、北京市政府訪問
10月11日(火) 小武基ゴミ処理場見学、中国戯曲学院京劇体験、在中国日本大使館歓迎会
10月12日(水) 中国外交部訪問、私立匯佳学校訪問
10月13日(木) イオン国際商場SC見学、万里の長城、雑技鑑賞
10月14日(金) 種子庫見学、ホームステイ
10月15日(土) ホストファミリープラン、フェアウェルパーティー
10月16日(日) 北京発→成田着
  • 万里の長城で歴史を学び、集合写真を撮る日本の高校生
    万里の長城で歴史を学び、集合写真を撮る日本の高校生
  • 北京月壇中学で体験授業に参加する日本の高校生
    北京月壇中学で体験授業に参加する日本の高校生
  • 北京市私立匯佳中学で太極扇(タイキョクセン)を 体験する日本の高校生
    北京市私立匯佳中学で太極扇(タイキョクセン)を
    体験する日本の高校生
  • 中国劇曲学院で京劇体験する日本の高校生
    中国劇曲学院で京劇体験する日本の高校生
  • 北京のゴミ処理場見学をする日本の高校生
    北京のゴミ処理場見学をする日本の高校生
  • 駐中国日本大使館歓迎会で丹羽大使と記念撮影する 日本の高校生
    駐中国日本大使館歓迎会で丹羽大使と記念撮影する
    日本の高校生
  • 北京市政府を表敬訪問する日本の高校生
    北京市政府を表敬訪問する日本の高校生
  • 北京市立匯佳中学の学生の家でホームステイをする 日本の高校生
    北京市立匯佳中学の学生の家でホームステイをする
    日本の高校生
参加者の声タイトルVoice 参加者の声タイトルVoice
voice 参加者の感想 avatar
中国劇曲学院で京劇体験でメイクや先生の講義から、日本の歌舞伎と多くの共通点があり交流も深いということがわかった。良い経験ができて心に残った。 (筑波大学附属高等学校)
中国についてよく知ることができた。本当に書き切れないほど気づいたこと、感じたことがありました。将来必ず中国とは深い付き合いが求められるだろう。中国のGDPが日本を追い越した理由、なぜ中国は先進国と呼ばれないのか、自分なりに考え答えられるようになった。 (筑波大学附属高等学校)
自分が過ごしてきた世界がどれだけ小さいものだったか今回の活動で良くわかった。世界で一番の経済成長を遂げている中国という国は活発で刺激を受けた。日本では考えられないような常識や生活を体験することで、自分の世界は大きく広がった。 (筑波大学附属高等学校)
丹羽大使に会えたことはとても貴重な体験であり、「日本と中国は仲良くするしかない」これは名言だと思う。領土問題など抱えている問題はあるが、それを乗り越えなければならないと思う。 (学芸大学付属高等学校)
体験授業は物理だった。中国の私立のレベルの高さに驚いた。同年代の高校生は皆国際社会に出る準備ができていると感じた。 (学芸大学付属高等学校)