諸外国との友好親善 Interchange

日中高校生交流事業

2015年日中高校生交流事業(日本から中国へ)

主なプログラム
  • (1)表敬活動
    • ・中国外交部への表敬訪問
      • 華春瑩報道官、楊宇参事官との質問会
    • ・三都市(北京、武漢、蘇州)人民政府への表敬訪問
    • ・在中国日本大使館訪問
      • 山本公使との質問会
      • 在中国日本国大使館歓迎会
  • (2)交流活動
    • ・学校訪問、授業体験(北京、武漢、蘇州各市にて実施)
    • ・ホームステイ、フェアウェールパーティー(同上)
  • (3)文化体験・歴史理解活動
    • ・京劇体験(京劇の面作りと動き体験)
    • ・太極拳、陶芸体験
    • ・天安門、故宮、万里の長城、オリンピックスタジアム見学
    • ・漢繍、蘇繍研究所見学
参加者
  • ・日本高校生 : 60名
    • 筑波大学附属高 30名⇔北京市の高校生と交流
    • 東京学芸大学附属高校 15名⇔武漢市の高校生と交流
    • 千葉市市立千葉高校 15名⇔蘇州市の高校生と交流
  • ・中国高校生 : 60名
    • 北京市:5校の混成チーム 30名⇔筑波大学附属高校と交流
    • 武漢市:武漢外国語高校 15名⇔東京学芸大学附属高校と交流
    • 蘇州市:蘇州市第三高校 15名⇔千葉市市立千葉高校と交流

10月7日什刹海体育運動学校にて太極拳を体験

  • 太極拳の基本姿勢を練習している日本高校生
    太極拳の基本姿勢を練習している日本高校生
  • 太極拳全国チャンピオン(中央)に教えて頂きました
    太極拳全国チャンピオン(中央)に教えて頂きました
参加者の感想 Voice 参加者の感想Voice
avatar 参加者の声エリア voice
太極拳というのは日本では名前が知られている程度であまりなじみがないと思うんですけど今回、初歩の初歩でありますが、動きなどを教えてもらうことによって、また中国の文化というものへの理解が深まったかなと考えます。非常にいい経験でした。 (筑波大学附属高校)

北京市人民政府主催の歓迎会

日程 10/7/2015
場所 什刹海会館
出席者
  • 北京市人民政府外事弁公室 : 趙会民主任、高志勇副主任、張長春処長
  • 日本高校生 : 60名
  • 北京市人民政府外事弁公室趙会民主任
    北京市人民政府外事弁公室趙会民主任
  • 趙会民主任と記念写真
    趙会民主任と記念写真
参加者の感想 Voice 【北京市人民政府外事弁公室趙会民主任ご挨拶】

中日小大使交流活動は、北京市政府外事弁公室、そしてイオンワンパーセントクラブと共同で開催して今年で7年目を迎えました。中国と日本は隣国であり、私たちは非常に近い距離にあります。中日両国は仲良くしなければいけないと思っています。

北京市外事弁公室とイオングループさんが、中日小大使交流活動を開催する目的は、中国と日本の両国の国民、とくに青少年の相互理解と相互信頼を促進すること、それが一番の願いであります。

中国の古いことわざには、「国と国の交わりは民と民が親しみあうことにあり」というのがあります。民と民が親しみ合うことは、それは国民の相互交流とくに青少年の交流によって実現できるわけであります。

中日小大使という交流活動は、お互いの国を訪問し、お互いの学校で授業を体験し、またホームステイもします。それらのことによって、お互いにコミュニケーションができ、相互理解と相互信頼、とくに文化を知ることができます。

今回のように1週間北京に滞在して、ありのままの中国をこの目で見て日本に帰国したら、中国に対する理解が一層深まると思います。

10月8日万里の長城、天安門広場、故宮見学

日程 2015年10月8日、9:00〜16:00
  • 故宮で再会した日中高校生
    故宮で再会した日中高校生
  • 万里の長城で記念写真(日本高校生全員60名)
    万里の長城で記念写真(日本高校生全員60名)
天安門広場で再会した学芸と武漢の高校生たち
天安門広場で再会した学芸と武漢の高校生たち
参加者の感想 Voice 参加者の感想Voice
avatar 故宮を見学して voice
600年前からこうやって現代まで残るような建築物をつくる昔の人の建築技術というのは凄いなあと感じました。日本も見習ってほしいと思います。 (筑波大学附属高校)
avatar ペアとの再会 voice
とてもうれしいし、SNSとかで連絡はしていたんですけどこうやって直接話すのは楽しいし嬉しいです。 (東京学芸大学附属高校)

日本貿易振興機構(JETRO)レクチャー

日程 2015年10月8日、20:00〜21:30
講師 島田英樹、赤澤陽平
テーマ 中国はどのような国なのか
JETROレクチャーのQ&A
  • 筑波大学附属高校
    Q.中国で日本車が少ないのは理由があるのか?
    また、ドイツ車が多いのはなぜか?
    ——筑波大学附属高校
  • 島田 英樹
    A. 自動車業界というのは、実は厳しい業界で外資企業、例えば日本企業、ヨーロッパの企業もそうですけど、中国で単独で会社を作ることが出来ない。必ず中国の企業 とジョイントする規制がある。そういった中で進出するにはビジネス上のリスクがあり、日本企業は慎重に考える傾向があり、中国への進出の時期が遅れた。一方、ドイツのフォルクスワーゲン社はまっさきに中国進出を果たした。そういったところが影響している。
    ——島田 英樹
  • 千葉市立千葉高校
    Q.仕事がら中国の他にも、様々な国の人と話をする機会が
    あると思いますが、その時にうまくコミュニケーションを取ったりするために何か具体的にしていることはありますか?
    ——千葉市立千葉高校
  • 赤澤 陽平  島田 英樹
    A.共通の話題を見つけるようにしている。
    ——赤澤 陽平
    あまり意識していることはない。日本人と 同じように接する。身近な話題から入って いくことが 多い。この人はどういう文化、背景があるのかをみて、話題を選んでいく。
    ——島田 英樹

北京市人民政府表敬訪問

日程 2015年10月9日、8:30〜9:30
表敬相手 王 安順 市長
  • 北京市人民政府王安順市長
    北京市人民政府王安順市長
  • 小大使たちの中国での初公務—北京市長への表敬訪問 ラオス小学生と一緒に大縄跳びをする日本高校生
    小大使たちの中国での初公務—北京市長への表敬訪問
王安順市長のご挨拶
王安順市長のご挨拶 抜粋
日本からお越し下さった、日本小大使、そして新しい友人とお会いできるチャンスをいただきまして、非常に嬉しく思っています。ここで、私は北京市人民政府、および2100万人の北京市民を代表しまして皆さまに心から歓迎の意を表します。
北京市人民政府で記念写真(前から2列目 左から7番目 高志勇副主任、8番目趙会民主任、9番目は横尾博理事長、10番目 王安順市長、11番目羽生有希総裁、12番目 古澤康之総経理、13番目李輝副主任)
北京市人民政府で記念写真(前から2列目 左から7番目 高志勇副主任、8番目趙会民主任、9番目は横尾博理事長、10番目 王安順市長、11番目羽生有希総裁、12番目 古澤康之総経理、13番目李輝副主任)

中国外交部への表敬訪問

日程 2015年10月9日、15:00〜16:30
質問会 中国外交部 新聞司 華春瑩副司長、アジア司楊宇参事官
  • 華 春瑩 様
    華 春瑩 様のスピーチ
    私自身は日本語が話せませんので、残念ながら皆さんと日本語で交流することはできません。私の娘の方は辞書を買って日本語を独学で学んでいるのですが、また次回チャンスがあれば、日本語で直接皆さんと交流することができるようになればいいなと思います。
    今日私は、皆さんのように若い活力あふれる、そして礼儀正しい顔を見て、非常に嬉しく思っています。
     どうか皆さん将来中日友好を担う人になるよう、これからも頑張ってください。
  • 楊 宇 様
    楊 宇 様のスピーチ
    前在日本中国大使館報道官
    本当に皆さんの小大使活動は、日中の間では大変有名なブランドとなっています。日本と中国はお互いに引っ越しできない、隣国通しとして、仲良くしていくしかありません。他の選択肢は一つもありません。外交の世界には、それぞれ役割、担当がありまして、参事官の上には公使がいまして、その上にはさらに大使がいます。
     皆さんが小大使ということで、いくら小がついても、大使はやはり大使なので私の上司です。これからきちんと皆さんの質問にお答えしようと思っています。(日本語にてスピーチ)

中国外交部への質問会

筑波大学附属高校 華 春瑩 副司長
  • 筑波大学附属高校
    Q.中国ではLINEやFACEBOOKなどのSNSが使えないということですが、中国の方が個人レベルでグローバル化するにあたって、遅れをとることになるのではと思ったのですが、何か意見を聞かせてください。
    ——筑波大学附属高校
  • 華 春瑩 副司長
    A.いかなる会社であっても、その会社が中国のインターネットについての法律に遵守する会社であれば歓迎します。それが中国のインターネットについての政策です。FACEBOOKやツイッターが使えないことで、会社の業務に支障がでるのではということですが、私はそうは思いません。私自身もそれらのSNSは使っていませんし、現在、中国で広く使われているウィチャットがあります。それを使えば、個人も企業も、世界各地で人と時差なく交流することができます。
    ——華 春瑩 副司長

在中国日本大使館での質問会

日程 2015年10月9日、17:20〜18:00
質問会 山本 恭司 公使
  • 山本恭司 公使
    山本恭司 公使さんのスピーチ
    今回、イオン1%クラブの事業で、日中交流をして、ここでまた新しい経験とか、新しい思い出、新しい友達をつくって、新しい感動をおぼえるんだとおもいます。それがまさに、日中関係の将来のためにも良いことだと、とても重要なことだと思っています。今日はどんどん質問してください。
  • 千葉市立千葉高校
    日本と中国の関係は、今も昔も経済的にはいいのに、政治的にはあまりよくないように感じます。私は経済的に良ければ政治的にもよくなると思うのですがどうしてこのようなことがおこるのか、あなたの考えを教えてください。
    ——千葉市立千葉高校
  • 山本恭司 公使
    最初に凄い難しい問題ですね。確かに日本と中国の経済の関係は非常にますます密接になっています。但し、残念ながらここ数年間日中の政治的関係はあまりいい状態ではありません。1つは歴史にかかわる問題。もう一つは領土とか、領海の問題があります。皆さんは歴史的問題とは直接関係ない。ですから、むしろ将来のために何があったか、お互いの国が何を考えているか?一生懸命勉強してください。領土、領海の問題は隣同士なので、これからも引き続き存在し続ける、一番大事なのは、お互いの相互理解だと思うので、このような意味でも若い皆さんの交流に期待しています。
    ——山本恭司 公使
  • 山本恭司 公使
    実は日本も昔は同じでした。昔日本が一生懸命に経済発展を重要課題にしていた時というのは、ほとんど昔の日本のいいものというのは忘れられた時期があります。それがある程度経済とか社会とかが成熟して、平均的に国民の生活水準が上がってくると徐々に自分たちの国のいいものを再認識するようになります。中国がまず経済全体を最大の目標に置いているので、ちょっと伝統的なものについて、忘れかけているところはあるかもしれません。ただ中国は世界で最も古い歴史を持ち、最も日本がたくさん勉強した伝統を持っている国です。おそらく近い将来、中国も伝統を重視する時期がくると思う。そうなることを期待しています。
    ——山本恭司 公使
集合記念写真(椅子の中央は木寺昌人大使、中央の右からは木寺祐子大使夫人、趙会民主任、高志勇副主任、張長春処長。中央の左からは横尾博理事長、林禎二公使、羽生有希総裁、山本恭司公使、古澤康之総経理、石飛節参事官、藤原信幸総経理)総勢170名
集合記念写真(椅子の中央は木寺昌人大使、中央の右からは木寺祐子大使夫人、趙会民主任、高志勇副主任、張長春処長。中央の左からは横尾博理事長、林禎二公使、羽生有希総裁、山本恭司公使、古澤康之総経理、石飛節参事官、藤原信幸総経理)総勢170名
  • 千葉市立千葉高校生の合唱
    千葉市立千葉高校生の合唱
  • 筑波大附属高校生のソーランよさこい。
    筑波大附属高校生のソーランよさこい
  • 東京学芸大附属高校生のパフォーマンス その漢字の意味は「中国大好き」
    東京学芸大附属高校生のパフォーマンス その漢字の意味は「中国大好き」
  • 武漢高校生の京劇
    武漢高校生の京劇
  • <OB・OGも参加> 今は大学生となった2010年日中小大使ペアの2人は5年ぶりに北京で再会し、日本大使館歓迎会の司会を務めました。
    <OB・OGも参加>
    今は大学生となった2010年日中小大使ペアの2人は5年ぶりに北京で再会し、日本大使館歓迎会の司会を務めました。
  • 木寺 大使
    木寺 大使さんのスピーチ
    わたくしはここでイオン1%クラブをお迎えするのは2回目なんです。2年前は10月10日、今年は10月9日、今日はわたくしの誕生日の前夜祭、まぁ、イオンさんが素晴らしい交流を、高校生同士でやっていただくと、これは10年後、20年後、素晴らしい形でまた花開くと確信しています。

10月10日からは北京、武漢、蘇州に別れて交流しました

武漢市人民政府表敬訪問

日程 2015年10月10日 16:30〜17:00
表敬相手 邵 為民 副市長
  • 武漢市人民政府表敬訪問
  • 武漢市人民政府表敬訪問
邵 為民 副市長のスピーチ
今回の交流はとても有意義です。中国と日本の未来は、やはりこの若者たちに託されていると思います。交流を通じて文化、民族、そして他の部分もお互いに理解することを期待します。学生は日本の未来、中国の未来、すべての人の未来になります。学生は平和の心、愛を持つ心、そういう豊かな心を持つことがこの世界の未来をもっと美しくしてくれると思います。

蘇州市人民政府表敬訪問

日程 2015年10月10日 15:00〜15:30
表敬相手 盛 蕾 副市長
  • 蘇州市人民政府表敬訪問
  • 蘇州市人民政府表敬訪問
盛 蕾 副市長のスピーチ
中日両国が理解しあい、友情を深め、長期にわたり心と心の通じ合うことを期待しています。国と国の交わりは国民が親しみ合うことにあります。友情を立てて、政治、経済、文化、教育友好事業の架け橋になって下さるようお願いします。
今日友好の種をまきました。子供たちの成長によってこの種が大きな木になる。このような活動が持続的に行われることを期待しています。

授業体験in北京

日程 10/10/2015
北京師範大学第二附属高校、北京理工大学附属高校、
北京市三里屯第一高校、北京市第九高校、北京匯文高校
中国水墨画を勉強している日本高校生
中国水墨画を勉強している日本高校生

授業体験in武漢・蘇州

日程 10/12/2015
武漢外国語高校、蘇州第三高校
  • 東京学芸大学附属高校
  • 東京学芸大学附属高校
参加者の感想 Voice 参加者の感想Voice
avatar 参加者の声エリア voice
中国語で生物の授業でした、メインが宿題の解説だったんでついていけなかったんですけど、日本と違って寝ている人もいないし真面目に聞いていて、あと英語のプリントを見せてもらったんですけどやっていることのレベルも高くて、自分たちも負けられないなあと思いました。 (東京学芸大学附属高校)

ホームステイ

日程
  • 2015年10月 9日〜11日(北京組)
  • 10月10日〜12日(武漢、蘇州組)
  • ホームステイ
  • ホームステイ
参加者の感想 Voice 参加者の感想Voice
avatar 参加者の声 voice
家族の皆さんが、ご飯とか作ってくれたり、食事の時にも凄く温かく迎えてくださって嬉しかったです。(黄鶴楼の感想)日本にも伝統のお寺とか多いけど、中国ならではの内装とか飾りとかも中国らしものが多くてすべて良かったです。 (東京学芸大学附属高校)
東京学芸大学附属高校
参加者の感想 Voice 参加者の感想Voice
avatar 参加者の声 voice
いいお友達ができてよかったと思います。
日本から帰ってきてから、向こうのホストファミリーに大変よくしてくれたと話しくれました。私は一人の孫しかいませんが、孫が日本で彼のようなお友達ができて、とてもうれしいです。今後とも友達として、交流を深めていただければ幸いです。
(蘇州市第三高校父兄)

文化・歴史体験活動

日程 2015年10月11〜13日
  • 中国伝統「版画」、「年画」体験in蘇州
  • 中国伝統「版画」、「年画」体験in蘇州
中国伝統「版画」、「年画」体験in蘇州
  • 「軟陶」、「孫悟空の面作り体験」体験in北京
  • 「軟陶」、「孫悟空の面作り体験」体験in北京
「軟陶」、「孫悟空の面作り体験」体験in北京
  • 「黄鶴楼」見学in武漢
    「黄鶴楼」見学in武漢
  • 「Baidu百度」訪問in北京
    「Baidu百度」訪問in北京

フェアウェールパーティー

日程 2015年10月13日
参加証明書の授与(イオン1%クラブおよび訪問先政府押印)
参加証明書の授与(イオン1%クラブおよび訪問先政府押印)
  • 滞在中の映像を鑑賞している高校生たち
    滞在中の映像を鑑賞している高校生たち
  • ダンス「江南スタイル」を披露する日本の高校生たち
    ダンス「江南スタイル」を披露する日本の高校生たち
集合写真(筑波と北京の高校生およびご家族の皆さま)総勢150名
集合写真(筑波と北京の高校生およびご家族の皆さま)総勢150名