諸外国との友好親善 Interchange

2015年の活動の様子(ラオス招聘)

line
2015年の活動の様子(ラオス招聘)
line
  • ラオス
実施期間及び参加者(ラオスから日本へ)
実施場所 ラオス
1,実施期間 7月13日(月)〜7月20日(月)
2,訪問場所 千葉県、東京都、京都府
3,参加者
  • 日本高校生 (立命館宇治高等学校) 20名
  • ラオス高校生(VIENTIANE(ビエンチャン) HIGH SCHOOL) 20名
4,主なプログラム
  • (1)表敬活動
    • 首相官邸表敬訪問(対応:世耕官房副長官) 7/14(火)東京都
    • 在日ラオス人民民主共和国大使館 歓迎会 7/14(火)東京都
  • (2)歴史・文化・学習・体験活動
    • 視察・学習プログラム
      • 森ヶ崎水再生センター 7/13(月)東京都
      • 江戸東京博物館 7/14(火)東京都
      • 京都祇園祭 7/17(金)京都府
    • 体験プログラム
      • 座禅 7/17(金)京都府
      • 京都友禅染め 7/17(金)京都府
  • (3)交流活動
    • 在日ラオス人との交流 7/15(水)東京都
    • 学校訪問、授業体験 7/16(木)京都府

表敬活動

首相官邸表敬訪問 7月13日

表敬の挨拶と今後の活動についてスピーチするラオス高校生 (スピーチより抜粋) 日本に来ることは初めてで、ラオスの生徒は皆楽しみにしていました。日本の高校生と一緒に体験できるこの プログラムは貴重だと思っています。ラオスに帰った時には、家族と共有出来る様な内容にしたいです.....。

表敬の挨拶と今後の活動についてスピーチするラオス高校生
(スピーチより抜粋)
日本に来ることは初めてで、ラオスの生徒は皆楽しみにしていました。日本の高校生と一緒に体験できるこの プログラムは貴重だと思っています。ラオスに帰った時には、家族と共有出来る様な内容にしたいです.....。

世耕内閣官房副長官閣下より激励のスピーチ(スピーチより抜粋)インターネットの普及が進んで、誰でも簡単にコミュニケーションがとれる様になりましたが、同世代の若者が直接出会って語り合うということは、非常に大切なことであると思っております.....。

世耕内閣官房副長官閣下より激励のスピーチ
(スピーチより抜粋)
インターネットの普及が進んで、誰でも簡単にコミュニケーションがとれる様になりましたが、同世代の若者が直接出会って語り合うということは、非常に大切なことであると思っております.....。

  • 世耕官房副長官閣下へタートルアンの置物 (ラオスの仏教 シンボル像)を贈呈するラオス高校生
    世耕官房副長官閣下へタートルアンの置物
    (ラオスの仏教 シンボル像)を贈呈するラオス高校生
  • 安倍首相への記念品である香合(平等院鳳凰堂が描かれた お香の入れ物)を世耕官房副長官閣下に託す日本高校生
    安倍首相への記念品である香合(平等院鳳凰堂が描かれた
    お香の入れ物)を世耕官房副長官閣下に託す日本高校生

記念撮影

記念撮影

駐日ラオス人民民主共和国大使館(歓迎会) 7月14日

駐日ラオス人民民主共和国 ケントン ヌアンタシン大使よりご挨拶 (スピーチより抜粋) 今回のプログラムを通じて、日本 ラオスの相互理解および親密な関係が築かれて行く中で、両国の未来につながる友好教育関係の強化、促進に大いに期待  したいと思います。この日本ラオス外交関係樹立  60周年記念の機会に両国の協力関係が更に発展することを願っています.....。

駐日ラオス人民民主共和国 ケントン ヌアンタシン大使よりご挨拶
(スピーチより抜粋)
今回のプログラムを通じて、日本 ラオスの相互理解および親密な関係が築かれて行く中で、両国の未来につながる友好教育関係の強化、促進に大いに期待  したいと思います。この日本ラオス外交関係樹立  60周年記念の機会に両国の協力関係が更に発展することを願っています.....。

環境大臣 望月 先生よりご挨拶 (スピーチより抜粋)皆さんの顔を見て、ラオスは大変すばらしい国であるということを改めて認識致しました。難しい時代にはなりますが、アジアの国が皆で仲良くしていけば、必ず世界は素晴らしい状況になっていくと信じて  おります.....。

環境大臣 望月 先生よりご挨拶
(スピーチより抜粋)
皆さんの顔を見て、ラオスは大変すばらしい国であるということを改めて認識致しました。難しい時代にはなりますが、アジアの国が皆で仲良くしていけば、必ず世界は素晴らしい状況になっていくと信じて  おります.....。

元・経済産業大臣 茂木 先生よりご挨拶(スピーチより抜粋)日本とラオスの協力関係を強化していく中で、それを支える基本になるのが若者達の交流であると考えて います。日本滞在中に文化・生活を学び、友情を深め、しっかり交流を深めていただきたいと思います.....。

元・経済産業大臣 茂木 先生よりご挨拶
(スピーチより抜粋)
日本とラオスの協力関係を強化していく中で、それを支える基本になるのが若者達の交流であると考えて います。日本滞在中に文化・生活を学び、友情を深め、しっかり交流を深めていただきたいと思います.....。

  • 伝統舞踊を披露するラオス高校生
    伝統舞踊を披露するラオス高校生
  • 日本高校生の演奏に合わせてステージ上で踊るラオス高校生
    日本高校生の演奏に合わせてステージ上で踊るラオス高校生

日ラオス高校生代表スピーチ(スピーチより抜粋)今回のプログラムを通じてお互いの文化を学び合い、新しいことにチャレンジしていきたいです。日本で 得た経験をラオスに帰った時に友人や家族に自慢 できるようにしたいと思っています.....。

ラオス高校生代表スピーチ
(スピーチより抜粋)
今回のプログラムを通じてお互いの文化を学び合い、新しいことにチャレンジしていきたいです。日本で 得た経験をラオスに帰った時に友人や家族に自慢 できるようにしたいと思っています.....。

日本高校生代表スピーチ(スピーチより抜粋)外国に1年間住んだ経験がありますが、その時にはそこでしか得られない貴重な経験値を積むことが 出来たと思います。今回もラオスの人たちと交流 することで、多くの事を学べる良い機会だと思っています。このプログラムを通じて日本とラオスの 関係を強化できる様願っています.....。

日本高校生代表スピーチ
(スピーチより抜粋)
外国に1年間住んだ経験がありますが、その時にはそこでしか得られない貴重な経験値を積むことが 出来たと思います。今回もラオスの人たちと交流 することで、多くの事を学べる良い機会だと思っています。このプログラムを通じて日本とラオスの 関係を強化できる様願っています.....。

  • 福山 哲郎 参議院議員を囲み記念撮影をする日本高校生
    福山 哲郎 参議院議員を囲み記念撮影をする日本高校生
  • 甘利 経済再生担当大臣、ヌアンタシン大使を囲んで記念撮影をする日本高校生
    甘利 経済再生担当大臣、ヌアンタシン大使を囲んで記念撮影をする日本高校生

在日ラオス大使館にて記念撮影

在日ラオス大使館にて記念撮影

歴史・文化活動

森ヶ崎水再生センター 7月13日(東京都)
  • 水の再生方法について説明を受けるラオス高校生
    水の再生方法について説明を受けるラオス高校生
  • 下水道の仕組みについてレクチャーを聞くラオス高校生
    下水道の仕組みについてレクチャーを聞くラオス高校生
江戸東京博物館 7月14日(東京都)
  • 江戸時代の城下町の模型についてペアに質問するラオス高校生
    江戸時代の城下町の模型についてペアに質問するラオス高校生
  • 人力車の重さを体感するラオス高校生
    人力車の重さを体感するラオス高校生
京都祇園祭 7月17日(京都府)
  • 台風による雨の中、合羽を着て疫病退散祈願をする山鉾(やまぼこ)巡業を見学するラオス高校生
    台風による雨の中、合羽を着て疫病退散祈願をする山鉾(やまぼこ)巡業を見学するラオス高校生
  • 台風による雨の中、合羽を着て疫病退散祈願をする山鉾(やまぼこ)巡業を見学するラオス高校生
    台風による雨の中、合羽を着て疫病退散祈願をする山鉾(やまぼこ)巡業を見学するラオス高校生
座禅体験 7月17日(京都府)
  • 座禅体験中のラオス高校生
    座禅体験中のラオス高校生
  • 座禅体験後、足がしびれて苦笑するラオス高校生
    座禅体験後、足がしびれて苦笑するラオス高校生
京都友禅染体験 7月17日(京都府)
  • 友禅染めワークショップにて布を染めるラオス高校生
    友禅染めワークショップにて布を染めるラオス高校生
  • 完成した友禅染めを見せるラオス高校生
    完成した友禅染めを見せるラオス高校生

交流活動

学校訪問(体験入学) 7月16日(京都府)
  • 体験入学で日本高校生から歓迎を受けるラオス高校生
    体験入学で日本高校生から歓迎を受けるラオス高校生
  • 終業式に参加し、校長先生から紹介されるラオス高校生
    終業式に参加し、校長先生から紹介されるラオス高校生
  • 英語の授業でグループワークについてペアに説明する日本高校生
    英語の授業でグループワークについてペアに説明する日本高校生
  • 日本高校生から折り紙を教わるラオス高校生
    日本高校生から折り紙を教わるラオス高校生
  • 茶道体験で苦いお茶の後、甘いお茶菓子で安堵するラオス高校生
    茶道体験で苦いお茶の後、甘いお茶菓子で安堵するラオス高校生
  • 七夕で願いを書き入れた短冊を、笹の枝に結び付けるラオス高校生
    七夕で願いを書き入れた短冊を、笹の枝に結び付けるラオス高校生
ホームステイ 7月17日〜19日(京都府)
  • 伏見稲荷にて、千本稲荷を歩く両国高校生
    伏見稲荷にて、千本稲荷を歩く両国高校生
  • ペアに卒業アルバムを見せる日本高校生
    ペアに卒業アルバムを見せる日本高校生
フェアウェルパーティー 7月19日

立命館宇治高等学校 チャールズ・フォックス校長より乾杯のご挨拶(スピーチより抜粋)皆さまのような若い世代間の交流によって生まれた新しい絆が、今後も育まれ続けていくことで、より太い結びつきとなっていくことを心から期待しております.....。

立命館宇治高等学校 チャールズ・フォックス校長より乾杯のご挨拶
(スピーチより抜粋)
皆さまのような若い世代間の交流によって生まれた新しい絆が、今後も育まれ続けていくことで、より太い結びつきとなっていくことを心から期待しております.....。

  • ホストファミリーに囲まれて記念撮影をするラオス高校生
    ホストファミリーに囲まれて記念撮影をするラオス高校生
  • ホストファミリーと交流するラオス高校生
    ホストファミリーと交流するラオス高校生

日本高校生によるスピーチ (スピーチより抜粋) ラオス大使館でのパフォーマンスを通してラオスのみなさんとの友好関係を作ることができて嬉しいです。9月にラオスに行くのがすごく楽しみです。自分の目でラオスの生活や文化を知りたいという想いがより強くなりました。同時にラオスのみなさんにとって日本での経験が印象的なものになったと思います.....。

日本高校生によるスピーチ
(スピーチより抜粋)
ラオス大使館でのパフォーマンスを通してラオスのみなさんとの友好関係を作ることができて嬉しいです。9月にラオスに行くのがすごく楽しみです。自分の目でラオスの生活や文化を知りたいという想いがより強くなりました。同時にラオスのみなさんにとって日本での経験が印象的なものになったと思います.....。

ホストファミリーよるスピーチ (スピーチより抜粋) ペアの子が体調を崩すハプニングがありましたがホームステイに来ることが出来て本当に良かったです。ショッピングをしたり、色々な場所に出かけたり、一緒に素晴らしい時間を過ごすことができたと思います。日本でつくった関係が長く続く事を願っています.....。

ホストファミリーよるスピーチ
(スピーチより抜粋)
ペアの子が体調を崩すハプニングがありましたが、ホームステイに来ることが出来て本当に良かったです。ショッピングをしたり、色々な場所に出かけたり、一緒に素晴らしい時間を過ごすことができたと思います。日本でつくった関係が長く続く事を願っています.....。

  • ギターの伴奏に合わせて合唱する両国高校生 先生(右)もギターで飛び入り参加
    ギターの伴奏に合わせて合唱する両国高校生 先生(右)もギターで飛び入り参加
  • 熱唱する日本高校生
    熱唱する日本高校生
  • 「We are the world」に乗せた今回の活動のダイジェスト映像を観る両国高校生
    「We are the world」に乗せた今回の活動のダイジェスト映像を観る両国高校生
  • 別れを惜しみ抱き合う両国高校生
    別れを惜しみ抱き合う両国高校生

生徒、ホストファミリー全員での記念撮影

生徒、ホストファミリー全員での記念撮影

参加者の感想Voice 参加学生の感想Voice
voice ラオス高校生 avatar
ペアの日本高校生はとても親切にしてくれました。ホームステイでは色々な場所に 行くことができ、日本文化についてたくさん学ぶ事ができました。ペアから教わった事は貴重な経験でした。9月にはラオスでペアにラオス文化をたくさん紹介したいです...。
今回の日本プログラムでは、学校体験入学、ホームステイが印象的でした。日本の高校生およびホストファミリーは皆とても親切で、日本の文化について色々と教えてもらう事ができました。ティーンエイジ アンバサダーとして、ラオスと日本をつなぐ架け橋として役割を果たすことが出来たと思います...。
voice 日本高校生 avatar
このプログラムを通じて、もっと日本の文化や習慣、歴史、ルールなどの理解を深め、誰にでも説明できる様になりたいと思いました。なぜなら、ホームステイ中に色々な所にペアと行きましたが、質問されてもうまく説明できない事が多かったからです...。
英語力を磨くとともに、人間関係を築き、視野を広げ、豊かな人間になりたいという想いがあって、私はこのプログラムに参加しました。今回の交流を通じて感じたことは、文化が違えば考えも違うということです。色々な意見を持ち、それらを共有することによって、また新しい物を生み出すことができるので、考えが違うのは良いことだと思います...。