地域社会の持続的発展

2019年緊急災害復興支援活動の報告

「イオン 首里城復興支援プロジェクト」の発足

イオン株式会社(以下、イオン)は、10月31日未明に起きた大規模な火災により世界遺産の首里城が甚大な被害を受けたことに対して、次代を継承する文化的資産の復元を継続的に支援したいとの想いから、「イオン 首里城復興支援プロジェクト」を発足しました。

本プロジェクトの活動として、公益財団法人イオンワンパーセントクラブ※(以下、イオンワンパーセントクラブ)は、向こう5年間に5億円の寄付をいたします。

また、本プロジェクト発足に先立ち、イオンは首里城の被害の報を受け、直ちに11月1日より九州・沖縄地区のイオングループ店舗での店頭募金やイオン銀行の支援募金受付口座の開設、電子マネー「首里城WAON」を活用した寄付など、お客さまとご一緒に首里城復元のための支援活動を始めています。

イオンワンパーセントクラブの寄付企業でもある、沖縄発祥のイオン琉球株式会社をはじめ、イオンはグループを挙げて、沖縄の方々の想いに寄り添い、首里城が一日も早く復元されることを願い、引き続き支援活動を実施してまいります。

ミャンマーの洪水被災者に対する緊急支援募金・支援金の贈呈

8月31日(土)、当財団はミャンマーでの洪水被害に対し、支援金USD20,000を拠出し、イオングループが同国とタイで事業を展開する4社による支援金及び募金USD15,000と併せた、合計USD35,000を社会福祉・救済・復興省へ贈呈しました。

台風15号被害緊急支援募金実施

公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、9月9日に上陸した台風15号による暴風雨により被災された地域の復旧事業などに役立てていただくための緊急支援金として、千葉県に対し2,000万円を寄付しました。

台風19号被害緊急支援募金実施

この度の台風19号およびその後の大雨に被災された方々 への緊急支援金として、12月17日に福島県へ、23日に宮城県へ、24日に栃木県、長野県へ、12月25日に茨城県へ、それぞれ500万円の支援金を贈呈しました。