公益財団法人イオン1%クラブ

コラム

TOP>子どもたちの健全な育成>中学生作文コンクール>コラム

Click here for details( English , Chinese )

金賞受賞者を環境エコツアーにご招待!中学生作文コンクールについて知ろう!

公益財団イオンワンパーセントクラブが主催する「中学生作文コンクール」は中学生を対象に開催する社会問題をテーマとした作文コンクールです。
また、金賞受賞者は東京で開催される「環境エコツアー」で楽しく環境問題が学べます。
本記事では中学生作文コンクールにおいて、過去の作文テーマや応募概要、主催のイオン1%クラブについて紹介します。

公益財団法人イオン1%クラブ主催「中学生作文コンクール」とは?

line
中学生作文コンクール
line

ここでは公益財団法人イオン1%クラブが主催する中学生作文コンクールについて、詳しく解説していきます。

  • 中学生を対象とした環境に関する作文コンクール
  • 金賞受賞者は「環境エコツアー」で環境問題について学ぶことができる
  • 過去の作文テーマ

どのようなコンクールかぜひご覧ください。

中学生を対象とした環境に関する作文コンクール

公益財団法人イオン1%クラブが主催する中学生作文コンクールは、中学生を対象として2003年より開催しています。
直近でおこなわれた第21回中学生作文コンクールのテーマは「地球環境のために今できること」で、7,787件の作文が寄せられました。
年々深刻になる環境問題について作文を書くことは、書く力を養う機会となるほか、環境問題について深く考え、そして自分自身の言葉でまとめる機会となり、子どもたちの成長につながります。

金賞受賞者は「環境エコツアー」で環境問題について学ぶことができる

第21回中学生作文コンクールの賞は「金賞」「銀賞」「銅賞」の3つがあり、応募者全員に参加賞も贈呈しています。
なかでも、金賞受賞者には副賞として5万円分の図書券の贈呈と環境エコツアーに招待。
2023年の中学生作文コンクール金賞受賞者は、植物工場のあるレストランで食事をするなどの環境エコツアーをおこない、楽しみながら環境への意識を高める機会となりました。
環境エコツアーの内容は毎年異なるため「自分も参加してみたい」という場合は、後ほど解説するコンクール概要をご覧ください。

過去の作文テーマ

中学生作文コンクールは2023年で第21回を迎え、毎年テーマが異なります。
ここでは、どのようなテーマで文章を書くのかを過去の作文テーマを例として紹介します。
2019年から2023年の作文テーマは次のとおりです。

  • 2019年「朝食 心に残る食事や料理への感謝の気持ち」
  • 2020年「コロナによる自粛生活での『食』 心に残る食事や料理への感謝の気持ち」
  • 2021年「食品ロス もったいないを減らそう」
  • 2022年「食べ物から考える地球温暖化」
  • 2023年「地球のために今できること」

その年のテーマから、日々の生活を振り返って自分自身が思ったこと、行動していることを言葉にまとめて文章にします。

公益財団法人イオン1%クラブの「中学生作文コンクール」応募概要

2023年の中学生作文コンクールは募集が終了してしまっていますが、参考として2023年に実施された中学生作文コンクールの概要をご覧ください。

中学生作文コンクール 募集要項

以降の開催についてはイオン1%クラブの公式サイトをご覧ください。

公益財団法人イオン1%クラブについて

公益財団法人イオン1%クラブ

公益財団法人イオン1%クラブは、1990年に設立され、「お客さまからいただいた利益を社会のために役立てる」という想いのもと、「子どもたちの健全な育成」「諸外国との友好親善」「地域の発展への貢献」「災害復興支援」を主な事業領域として、環境・社会貢献活動に取り組んでいます。
中学生作文コンクールを通じて、子どもたちが社会問題について自分自身の考えをまとめ、書く力を養うことを目的としています。
また今回紹介した中学生作文コンクール以外にも「イオン チアーズクラブ」「イオン エコワングランプリ」などさまざまな活動を実施していますので、ぜひ下のURLからご覧ください。

戻る