次代を担う青少年の健全な育成 Education

セーフウォーターキャンペーンとは

子どもたちが暮らす村へ給水施設を設置

これまで学校建設を支援してきたカンボジア、ラオス、ミャンマーの郊外では、多くの子どもたちが遠く離れた川や池への水汲みに時間をとられ、学校の授業への出席率が低下しています。また、こうして汲まれた不衛生な水は、子どもたちの健康を害する危険もあります。こうした状況を受け、当財団は2010年に同キャンペーンをスタート。 お客さま募金に当財団と(公財)日本ユニセフ協会によるダブルマッチングを行い、子どもたちが暮らす村へ給水施設を設置しています。