アジア各国でのCSR活動 CSR

インドネシア

  • 国旗
main_visual

1.イオンスカラシップ

  • イオン1%クラブでは2006年より、イオンスカラシップを実施しています。このプログラムは、アジア各国の大学生を対象に、給付型奨学金を通じて彼らの夢を実現するサポートする取り組みです。これまでに4,393名(その内53名がインドネシア人学生)が学び、562 名の学生は日本で学んでいます。学生たちは将来、インドネシアと日本の架け橋となって活躍してくれるでしょう。

  • イオンスカラシップ01
  • イオンスカラシップ02

2.アジアユースリーダース

  • アジアユースリーダース01
  • アジアユースリーダース02
  • 次代を担う日本と海外の学生が一堂に会し、開催国の環境や社会問題をテーマにディスカッションを行うプログラムです。異なるバックグラウンドを持つ学生たちが議論を重ね、問題に対する解決策だけでなく、価値の多様性にも理解を深めています。プログラムの最後には開催都市の政府に対し、学生たちから解決策を提案しています。2010年以降、このプログラムは毎年アジア各国で実施されており、インドネシア、ベトナム、タイ、マレーシア、中国、日本から534名の学生が参加しています。インドネシアは2012年から毎年、これまでに合計103名の学生が参加しています。

3.ティーンエイジアンバサダー

  • “ティーンエイジアンバサダー”は、日本と海外の高校生が、相互理解を目的とした高校生交流事業です。一週間に渡るプログラムでは、開催国の政府、地元の学校での授業体験やホームステイなどを通じて、互いの国の歴史や文化を理解し、友好親善を深めます。これまでに、17ヵ国から2,052名の高校生が参加しました。インドネシアでは、2002年、2011年、2015年の三回開催され、インドネシアと日本の高校生128名が参加しました。

  • ティーンエイジアンバサダー01
  • ティーンエイジアンバサダー02