諸外国との友好親善 Interchange

アジアユースリーダーズ

line
次代を担う日本と海外の学生が一堂に会し、開催地の環境や社会問題をテーマにディスカッションを行い、問題の改善に向け、高校生は市民活動を、大学生は政策を現地の政府に提案します。また、多国間での議論を交わすことで、価値観の多様性について理解を深めます。
line

「アジア ユースリーダーズ」は、アジア各国の若者が、開催国の社会問題をテーマに、視察や専門家によるレクチャーの後、グループ ディスカッションを行うプログラム。 異なるバックグラウンドを持つインドネシア、カンボジア、タイ、中国、日本、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス9カ国の学生たちが、英語を共通言語として議論 を重ね、問題への解決策を模索します。グローバル感覚を養い、互いの価値観を認め合う場となっています。