諸外国との友好親善 Interchange

2013年の活動の様子(ミャンマー招聘)

8月に日本の高校生がミャンマーに訪問した後、10月にはミャンマーの高校生が日本に来日し相互交流を深めました。

  • ミャンマ
1,実施期間 10月19日(土)〜10月28日(月)
2,参加者
  • (1)日本高校生20名 沖縄尚学高等学校(男女各10名)
  • (2)ミャンマー高校生20名
    ・ダゴンNo.1高校10名(男女各5名)
    ・カマユNo.2高校10名(男女各5名)
3,主なプログラム
  • (1)大使活動
    ・首相官邸表敬訪問(加藤勝信官房副長官が対応)10/21(月)
    ・在日ミャンマー大使館での歓迎会
    ・沖縄県知事表敬訪問
  • (2)交流活動
    ・学校訪問、授業体験
    ・ホームステイ
    ・フェアウェルパーティー
  • (3)歴史・文化活動、他
    ・エイサー、琉球踊り体験
    ・沖縄県立博物館視察
    ・琉染(サンゴ染)体験
    ・首里城視察
    ・地元ミュージカル練習参加

大使活動

首相官邸訪問 10月21日(月)
  • 加藤官房副長官からのご挨拶
    加藤官房副長官からのご挨拶
  • 在日ミャンマー特命全権大使キン マウン ティン氏ご挨拶
    在日ミャンマー特命全権大使キン マウン ティン氏ご挨拶
  • ミャンマー高校生からの挨拶
    ミャンマー高校生からの挨拶
  • 加藤官房副長官と両国の代表高校生
    加藤官房副長官と両国の代表高校生

ミャンマー大使館での歓迎会 10月21日(月)

ミャンマー大使館歓迎会での記念写真

  • ミャンマー大使館歓迎会での記念写真
    ミャンマー大使館歓迎会での記念写真
  • 両国学生からイオン?岡田名誉会長、キン マウン ティン大使へプレゼント贈呈
    両国学生からイオン?岡田名誉会長、キン マウン ティン大使へプレゼント贈呈

麻生副総理、岸田外務大臣と両国の学生
上から2列目、右からキンマウンティン大使、岸田外務大臣、岡田名誉会長、麻生副総理、丸川議員

  • ミャンマー高校生によるパフォーマンス(ミャンマーの伝統的な踊り)
    ミャンマー高校生によるパフォーマンス(ミャンマーの伝統的な踊り)
  • 沖縄尚学高校生によるパフォーマンス(空手)
    沖縄尚学高校生によるパフォーマンス(空手)

沖縄知事訪問 10月23日(水)

仲井眞知事を囲んで両国の高校生と記念写真

交流活動

授業体験 10月25日(金)
  • 沖縄尚学高等学校での授業体験(国語の授業)
    沖縄尚学高等学校での授業体験(国語の授業)
  • 沖縄尚学高等学校での授業体験(数学の授業)
    沖縄尚学高等学校での授業体験(数学の授業)
  • 沖縄尚学高等学校での授業体験(地理の授業で自己紹介)
    沖縄尚学高等学校での授業体験(地理の授業で自己紹介)
  • 沖縄尚学高等学校での授業体験(茶道体験)
    沖縄尚学高等学校での授業体験(茶道体験)
ホームステイ 10月25日(金)〜27日(日)
  • ホストファミリーと一緒にお寿司屋さんで外食右奥カマユ高校 ス ミャジーター
    ホストファミリーと一緒にお寿司屋さんで外食右奥カマユ高校 ス ミャジーター
  • ホストファミリーと一緒にカレーを作って夕食右から3番目カマユ高校 ドミニク ゾーミン
    ホストファミリーと一緒にカレーを作って夕食右から3番目カマユ高校 ドミニク ゾーミン
  • ペアの生徒と一緒にショッピングダゴン高校 ピュ シン チャン
    ペアの生徒と一緒にショッピングダゴン高校 ピュ シン チャン
  • ホストファミリーと美ら海水族館へ右 ダゴン高校プョ カン コ
    ホストファミリーと美ら海水族館へ右 ダゴン高校プョ カン コ

フェアウェルパーティー(10月27日(日))

フェアウェルパーティーで両国高校生、ホストファミリーと共に記念写真

  • イオン琉球?末吉社長挨拶
    イオン琉球?末吉社長挨拶
  • 尚学学園 名城副理事長ご挨拶
    尚学学園 名城副理事長ご挨拶
  • ミャンマー高校生のパフォーマンス(ミャンマーの伝統的な踊り)
    ミャンマー高校生のパフォーマンス(ミャンマーの伝統的な踊り)
  • 沖縄尚学生のパフォーマンス(エイサー琉球踊り)
    沖縄尚学生のパフォーマンス(エイサー琉球踊り)
  • 沖縄で人気のキャスター「ママドル」がホストファミリー代表としてご挨拶
    沖縄で人気のキャスター「ママドル」がホストファミリー代表としてご挨拶
  • パーティーが終了してホストファミリーとお別れ
    パーティーが終了してホストファミリーとお別れ
歴史・文化活動、他
  • 10/23 エイサー(沖縄伝統の踊り)体験
    10/23 エイサー(沖縄伝統の踊り)体験
  • 10/23 全員衣装を着てエイサーを披露
    10/23 全員衣装を着てエイサーを披露
  • 10/24 沖縄県立博物館見学
    10/24 沖縄県立博物館見学
  • 10/24 琉染(サンゴ染体験)
    10/24 琉染(サンゴ染体験)
  • 10/25 首里城(守礼門の前で)
    10/25 首里城(守礼門の前で)
  • 10/26 地元ミュージカルの練習に参加(衣装を着て披露)
    10/26 地元ミュージカルの練習に参加(衣装を着て披露)
参加者の感想Voice 参加者の感想Voice
voice 参加者の感想 avatar
初めてホームステイプログラムで受け入れをします。パートナーが楽しんでもらえるよう期待しています。いろいろな場面で日本の生活様式を経験してもらいたいと思います。TAは首相官邸を訪問したり、大使館で歓迎会があったり、英語を使ったり、カルチャーショックがあったりで大変有意義なプログラムだと思います。 学生
このプログラムで文化や歴史の違いや、考え方の違いがあることが分かり、お互いを理解することができました。また自分では沖縄って見せられる所は限られていたと思っていたけど、いろいろな人からアドバイスをもらって見せられる所が沢山あることが分かりました。 学生
ミャンマーでは、ホストファミリーはとても良くしてくださいました。日本でも水族館に行ったり、ショッピングに行ったりして家族のような時間を過ごすことができ、とてもうれしかったです。 学生
相手の国を知り、お互いが仲良くすることができる特別な交流プログラムだと思います。この滞在中、日本についてたくさん学びました。私は日本の技術について興味があり、いつか日本の技術を学び、自国にそれを生かしたいと思います。 学生
お互いの国に文化を紹介でき、非常に良いプログラムだと思います。また、両国の関係をさらに強くすることができるし、沢山の友達を作ることもできます。沖縄の人の笑顔と温かさが印象的でした。 学生
世界中の人々が交流し、お互いの文化、宗教などを知ることができるすばらしいプログラムだと思います。また今回、自分の足で立つ、海外で勉強するなどの勇気を得ることができました。 学生
日本人とミャンマー人の間には、言葉、宗教、考え方の違いがあり、難しい面もありますが、今回の訪問で両国の関係は強くなったと思います。 学生