諸外国との友好親善 Interchange

2015年度活動の様子(カンボジア派遣)

line
2015年度活動の様子(カンボジア派遣)
line

3月14(月)から21日(月)8日間、日本の高校生20名が、カンボジア王国の高校生20名と、交流し、価値観の多様性を学びました。
日本の高校生は、シェムリアップにて、歴史文化理解活動として、アンコールワット遺跡群を訪問し、クメール文化の保全、継承を目的に建設されたシハヌーク・イオン博物館を見学しました。プノンペンでは、イオンココナッツスクールにて小学生と交流し、浄水処理済み水供給施設を見学した後、市内にて同世代の在カンボジア日本人を招き、日本人の目から見たカンボジアでの生活について学びました。さらに、ジェトロ代表者のレクチャーを受け、カンボジアの経済状況を学習しました。大使としての活動では、両国の高校生は、カンボジア ソク アン副首相官邸表敬訪問をはじめ、在カンボジア日本国大使館での歓迎会に参加しました。また、日本の高校生はチャ シム チャモランラス高等学校での体験入学、ホームステイを通じて学生同士の親交を大いに深めました。

実施期間及び参加者(日本からカンボジアへ)

実施場所 カンボジア王国
1,実施期間 3月14日(月)〜3月21日(月)
2,訪問場所 シェムリアップ市、プノンペン市
3,参加者
  • 日本高校生(北海道札幌清田高等学校) 20名
  • カンボジア高校生(チャシム チャモランラス高等学校) 20名
4,主なプログラム
  • (1)表敬活動
    • カンボジア王国政府(ソク・アン 副首相と面会) 3/17(木)プノンペン市
    • 在カンボジア日本国大使館にて歓迎会 3/17(木)プノンペン市
    • ジェトロ カンボジア経済状況レクチャー 3/17(木)プノンペン市
  • (2)歴史・文化理解活動
    • 世界遺産・寺院視察 3/15(火)シェムリアップ市
    • シハヌーク・イオン博物館調印式見学・視察 3/15(火)シェムリアップ市
    • トンレサップ湖視察 3/16(水)シェムリアップ市
    • 浄水処理済み水供給施設視察 3/16(水)シェムリアップ市
  • (3)交流活動
    • イオン ココナッツスクール訪問 3/16(水)シェムリアップ市
    • カンボジア在住日本人との交流 3/16(水)シェムリアップ市
    • 学校訪問・授業体験 3/18(金)プノンペン市
    • ホームステイ(2泊) 3/18(金)-3/20(日)プノンペン市
    • フェアウェルパーティー 3/20(日)プノンペン市

表敬活動

カンボジア王国政府表敬訪問 3月17日(プノンペン市)
  • 表敬の挨拶と今後の活動についてスピーチする日本高校生
    表敬の挨拶と今後の活動についてスピーチする日本高校生
  • カンボジア王国副首相閣下
    カンボジア王国副首相閣下

ソク・アン副首相(写真中央上段)を囲んでの記念撮影

ソク・アン副首相(写真中央上段)を囲んでの記念撮影

在カンボジア日本国大使館(歓迎会) 3月17日(プノンペン市)
  • 駐カンボジア日本国大使よりご挨拶
    駐カンボジア日本国大使よりご挨拶
  • カンボジア教育青少年スポーツ省チャムナン長官に記念品を贈呈する日本高校生
    カンボジア教育青少年スポーツ省チャムナン長官に記念品を
    贈呈する日本高校生
  • よさこいソーランを披露する日本高校生
    よさこいソーランを披露する日本高校生
  • 伝統舞踊であるバンブーダンスを披露するカンボジア高校生
    伝統舞踊であるバンブーダンスを披露するカンボジア高校生

大使館にて歓迎会の記念撮影

大使館にて歓迎会の記念撮影

ジェトロ カンボジア経済状況レクチャー 3月17日(プノンペン市)
  • ジェトロ伊藤アドバイザーによるカンボジア経済状況についてのレクチャーを受ける日本高校生
    ジェトロ伊藤アドバイザーによるカンボジア経済状況に
    ついてのレクチャーを受ける日本高校生
  • ジェトロ伊藤アドバイザーに記念品を贈呈する日本高校生
    ジェトロ伊藤アドバイザーに記念品を贈呈する日本高校生

歴史・文化理解活動

  • アンコールワットを背に記念撮影
    アンコールワットを背に記念撮影
  • シハヌーク・イオン博物館調印式を見学する日本高校生
    シハヌーク・イオン博物館調印式を見学する日本高校生
  • 石像の模造品に触れ、大きさを体感する日本高校生
    石像の模造品に触れ、大きさを体感する日本高校生
  • 現地ユニセフ局員から水の浄化プロセスについて説明を受ける日本高校生
    現地ユニセフ局員から水の浄化プロセスに
    ついて説明を受ける日本高校生

交流活動

  • イオンココナッツスクールにて生徒たちに歓迎される日本高校生
    イオンココナッツスクールにて生徒たちに歓迎される日本高校生
  • 子どもたちに折り紙を教える日本高校生
    子どもたちに折り紙を教える日本高校生
  • カンボジアでの生活について意見を述べるカンボジア在住日本人学生(カンボジア在住日本人との交流)
    カンボジアでの生活について意見を述べる
    カンボジア在住日本人学生
    (カンボジア在住日本人との交流)
  • 日本高校生の質問に答えるカンボジア在住日本高校生(カンボジア在住日本人との交流)
    日本高校生の質問に答える
    カンボジア在住日本高校生
    (カンボジア在住日本人との交流)
  • 空芯菜の種植え体験授業で畑に水をまく日本高校生(学校訪問・授業体験)
    空芯菜の種植え体験授業で畑に水をまく日本高校生
    (学校訪問・授業体験)
  • 英語の授業で先生の質問に答える日本高校生(学校訪問・授業体験)
    英語の授業で先生の質問に答える日本高校生
    (学校訪問・授業体験)
  • チャ チム チャモランラス高校全校生徒の前でよさこいソーランを披露する日本高校生 (学校訪問・授業体験)
    チャ チム チャモランラス高校全校生徒の前で
    よさこいソーランを披露する日本高校生
    (学校訪問・授業体験)
  • カンボジア文化についてプレゼンテーションをするカンボジア高校生 (学校訪問・授業体験)
    カンボジア文化についてプレゼンテーションをする
    カンボジア高校生
    (学校訪問・授業体験)
  • ホストファミリーと食事を囲む日本高校生 (ホームステイ)
    ホストファミリーと食事を囲む日本高校生 (ホームステイ)
  • ホストファミリーに渡したお土産と共に写真を撮る (ホームステイ)
    ホストファミリーに渡したお土産と共に写真を撮る (ホームステイ)
  • セントラルマーケットにてアクセサリーを手にとるカンボジア高校生 (ホームステイ)
    セントラルマーケットにてアクセサリーを手にとる
    カンボジア高校生 (ホームステイ)
  • ホストファミリーと記念撮影をする日本高校生(ホームステイ)
    ホストファミリーと記念撮影をする日本高校生
    (ホームステイ)
フェアウェルパーティー 3月20日(プノンペン市)
  • ホストファミリーと記念撮影をする日本高校生(フェアウェルパーティー)
    ホストファミリーと記念撮影をする日本高校生
    (フェアウェルパーティー)
  • よさこいソーランを一緒に踊る両国高校生(フェアウェルパーティー)
    よさこいソーランを一緒に踊る両国高校生
    (フェアウェルパーティー)
  • ホストファミリー代表スピーチ(フェアウェルパーティー)
    ホストファミリー代表スピーチ(フェアウェルパーティー)

    お互いの文化を理解するためには、ホームステイをすることが良いと思います。みなさんは今回のプログラムを通じてシェムリアップ市とプノンペン市で意義深い経験をしたでしょう。この様なプログラムを続けて欲しいと願っています.....。

  • カンボジア高校生代表スピーチ(フェアウェルパーティー)
    カンボジア高校生代表スピーチ(フェアウェルパーティー)

    ホームステイはエンジョイできたでしょうか。楽しんでもらえた嬉しく思います。ホームステイを通じてお互い多くの事を学ぶことができました。短い間でしたが、また会えることを楽しみにしています.....。

  • イオン1%クラブ前田委員より参加証明書を受け取るカンボジア高校生 (フェアウェルパーティー)
    イオン1%クラブ前田委員より参加証明書を受け取る
    カンボジア高校生
    (フェアウェルパーティー)
  • 活動のハイライトを観ながらマイクを持って“We are the world”を歌うカンボジア高校生 (フェアウェルパーティー)
    活動のハイライトを観ながらマイクを持って
    “We are the world”を歌うカンボジア高校生
    (フェアウェルパーティー)

フェアウェルパーティー参加者全員(両国高校生、ホストファミリー、2013年ティーンエイジアンバサダーOB)での記念撮影

フェアウェルパーティー参加者全員(両国高校生、ホストファミリー、2013年ティーンエイジアンバサダーOB)での記念撮影

参加者の感想Voice 参加者の感想Voice

voice 日本高校生 avatar
ホームステイでは、ホストファミリーが優しく接してくれ、わからないことを教えてくれました。また、ホストファミリーに勉強したクメール語で話してみるととても喜んでくれました。カンボジアの人々は目が合うと笑顔を見せてくれたり、挨拶をしてくれたので嬉しかったです。小さな事でもコミュニケーションは大切だと思いました...。
カンボジアの人々は、朝食は大抵外食をするなど、文化の違いを学びました。会話については、言葉が通じなくても体で表現すれば伝えることができたので、ボディーランゲージの大切さがわかりました...。
voice カンボジア高校生 avatar
日本、カンボジア両国でのプログラムを通して貴重な経験ができました。時間が経つのが早く、パートナーと過ごせる時間がもう少し長ければと思いました。また他の機会にもう一度同じメンバーで交流できる場があればと思います...。
カンボジアでは、札幌清田高校の皆さんと授業体験やホームステイを通じて多くの経験をすることができました。もう少しホームステイの日数が多ければよかった です。ティーンエイジアンバサダーの様なプログラムがあればまた参加したいです...。
voice 先生 avatar
日本とカンボジア両国でのプログラムは、生徒たちにとって非常に貴重なものになりました。ソク・アン副首相への表敬訪問や在カンボジア日本国大使館での歓迎会への参加、そしてホームステイでカンボジアの生活を経験できて良かったと思います。生徒たちは、プログラム終了後もSNSを通じて頻繁に連絡し合っているので、友人関係は更に深まり、身近な友人になれたと思います...。
生徒たちは今回のプログラムを通じて、カンボジアの生徒たちと友達になれただけでなく、大きな宝を得ることができたと思います。学校訪問では、現地で行われている数学や英語の授業を体験し、進め方を理解することができました。教室には北海道から贈られた机や椅子があり、縁を感じました...。